伊予大島石とは



伊予大島石の産地は愛媛県越智郡宮窪町です。
しまなみ海道がとおる、瀬戸内海に浮かぶ大島という島でのみ採石されています。

伊予大島石は江戸時代から名石として知られてはいました。
しかし、採石や搬出の難しさなどから一部の人しか持てませんでした。
それが明治以降に機械化等で採石量が増えると、伊予大島石は一躍脚光を浴びるようになりました。

伊予大島石は国会議事堂、赤坂離宮、天満の鳥居などにも使われてます。
また各種記念碑や庭石としても利用されています。

伊予大島石の品質ランクとして、大島一級、大島二等、大島カレイ、大島特級などがあります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。